忍者ブログ
ご訪問ありがとうございます! あらゆるご縁に感謝♪ のんびりお楽しみください☆当サイトのご説明もぜひご覧ください♪

【広告!】
 
 

 京介と豊花は短編小説「バイトで螺旋のウィザードとプリンセス」にも出演中です~♪



 こんにちは!
 本日はまたまた「からあげファンタジー」にweb公開の小説が登場です☆
 
 その名もどどんと、

 バイトでウィザード 完結章 かがやけ未来、と魔女は笑った

 でございます!!!!

(※この作品は、2002年-2006年に角川書店さまから刊行していただいた
『バイトでウィザード』シリーズの完結章となります。
当ブログ内で公開中の
「2015バージョン」の内容とは、登場人物などが、
やや異なる部分もございます)

 いますぐ読みたいというありがたい読者さまは、
 さっそくこちらのページへおすすみください
(本文をお読みになってから、
 あとがきっぽくこのページにもどって読んでくださっても、
 もちろんうれしいです☆)

「まあまず
 椎野の説明をきいてやろうか」というすてきな読者さまも、
 ありがとうございます♪

(「つづきはこちらから」をクリックしてください♪
 このつづきが表示されている場合は、クリックは不要です)


 さてさて、本作はタイトルのとおり、
 角川スニーカー文庫さんから出させていただいた
 「バイトでウィザード」(全14冊)の
 完結エピソードをえがいたものでございます。

 この夏から文庫を電子書籍にしていただき、
 読んでくださった読者さまに
 そしてKADOKAWAさまをはじめ、
 ご協力いただいたたくさんの関係者さまに
 わたしからなにかお礼がしたくて、
 夜寝る前にばばっと企画し、
 朝起きてずばばばっと書きあげたものであります。

 以前にも、当ブログで「バイトでウィザード 後日編」というお話を
 一時期のせさせていただきましたが、
 あれはすいっちたちの視点による、パパたちの昔話みたいな内容でした。
(2015年2月追記:後日編、再アップいたしました☆)

 今作はストレートに、
 長編10巻「唱えよ安らぎの歌(略)」のつづきという
 あつかいでございます。
(時間軸もすぐつづきで、
 おなじ冬の大晦日からはじまります)

 ですので、今作をお読みになる前に、
 長編10巻までを読んでいらっしゃると、とてもありがたいです☆

 主役はもちろん本編とおなじ、一条兄妹です。
 これまで双子が会ったいろいろなひとたちも、登場しますよ。
(どうせならオールキャスト総出演にしたくて、
 風紀委員の登場も予定していたのですが……
 ちょっと構成がぎゅうぎゅうになりそうで、むりでした。
 長谷くんと塩原さんのファンのかた、いましたら、すみませぬ。笑)
 
 そして諸事情で、主役は完全に豊花です(笑)。

 諸事情というのは、
 「ブログページにのせるので、
 地の文(小説でセリフ以外の文章)をしっかり書きこんだ完全な『小説!』だと、
 読者さまにとってけっこう読みにくいのでは」
 という心配があったからでした。

 さきに当ブログにアップさせていただいた、
 公開中のクロスオーバー小説「バイトで螺旋の(略)」は、
 「地の文しっかり、完全な『小説!』」なので、
 いまさらなんですが、
 じつはちょーっとだけ読みにくいんですよねえ……すみません!

(※追記※
「だったらバイトで螺旋も、読みやすくなおせばいいじゃん!」と
いまさら気づきまして、
大幅に工事いたしました!
もしご興味がございましたら、
「バイトで螺旋のウィザードとプリンセス」コーナーにも
足を(目を?)運んで読んでくださったら、とてもありがたいです☆)


 そんな反省と事情をふまえまして、
 今作は最初から「文章はなるべくみじかめに、
 改行もふやして、
 シナリオみたいなかんじがよいのでは」と、
 からあげファンタジー会議(笑)で決まり、
 その方向性で書きました。

 量もおさえて、原稿用紙に換算して、
 10枚前後のお話にまとまっています。

 もちろんこれは、ブログ上で発表するために、
 あえてそうしたのでございます。
 ですので
「椎野め、手抜きして適当に書いたな!」というのでは
 ぜったいにございませんので、
 どうぞ誤解なさらないようおねがいします!! ほんとうに!!

 つまり、主役が豊花なのも
 (京介は出てきても、京介が視点のパートがないのも)、
 そういった事情からなのでした。

 今作を「完全な『小説!』」にして書くなら、
 京介パートの部分も、いっぱいいれたかったんですよ。

 シーンももっとふえて、
 たとえば(ネタバレになりますが)
 「術本を読んで、解決策をみつけるまで」とか、
 中盤の「陰険ポニーテール(笑)との対立」なども、
 しっかりしたバトルシーンで書いたはずなんです。

 ですが、このブログ上で読んでいただく読者さまには、
 なによりも最後まで楽しく読みやすく、
 テンポよく結末を知っていただくのが、いちばんではないかな、と
 思った次第なのでした。

 もちろん、これは
 わたしの勝手な思いこみなので、
 「そんなことないぞ、
 『完結章』と書いてあるから期待して読んだのに、
 もっといっぱい書きこんである文章のほうがよかった!」と
 お思いになったかたがいらしたら、
 お好みにあわずに、もうしわけないです。

 それと
 「あれだけドシリアスな長編10巻のあとの話が、
 こんな明るい話だなんて、ちょっとちがうよ!」と
 思われたかた、
 これまたお好みにあわずに、すみません。

 わたしなりに
 「読者さまたちに、お礼をさせていただきたい」と
 思った企画ではありますが、
 すべてのかたのお好みとご希望を、
 ひとつひとつうかがってつくったわけでは、ないのです。

「この完結章はべつにいらない、
 文庫のあの終わり方でいい」というご意見も、
 もちろん、あると思います。
(そしてそのご意見も、
 わたしにとっては、「文庫をよんでくださり、ありがとうございます」と、
 うれしいのです)

 ですがもし、この完結章を読んで
 「この結末を知ってよかった」と
 思ってくださったかたがいらしたら、
 とても幸いです。

 読者さまにとって、今作がちょっとでも
 未来にむかうエネルギーになるのであれば、
 こんなにうれしいことはございません。

(「だったら最初から
 明るくて元気が出る小説シリーズにしろってーの!」と
 つっこまれたかた、グッジョブ!(笑)。
 「バイトでウィザード」の後継ともいえる「螺旋のプリンセス」は、
 まさにその方向性で書いています☆)

 みじかめの内容であっても、
 これから読んでいただくかた(あるいはもうお読みになってくださったかた)には、
 大切なお時間をいただき、ほんとうに感謝でございます。

 ブログスペースをお借りしているNINJAブログさまにも、
 大感謝です!

 読者さまに、
 制作や販売のすべての関係者さまに、
 それから
 「バイトでウィザード」という作品と登場人物に。

 みなさんに出会えて、
 わたしはほんとーーーーうに、しあわせです。
 
 心からの、ありがとうをこめまして。
 


 2014年 9月 椎野美由貴


 ではでは、さっそく本文へGO! というかたは、バナーをクリックしてくださいね☆↓



本文はすっとばしてカーテンコールを読みたい! というかたは、
こちらのページからどうぞ!

拍手

PR
[608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [624]  [623]  [622]  [621]  [620]  [569
からプラPVも!!
からあげファンタジーPVその3!!
からあげファンタジーPVその2!!
からあげファンタジーPV!!
プロフィール
HN:
椎野美由貴
性別:
女性
職業:
小説家、楽しいものをたくさんつくるひと!
自己紹介:
ようこそいらっしゃいませ!^^ 小説家の椎野美由貴です。「バイトでウィザード」や「螺旋のプリンセス」などを楽しく書かせていただいております☆ 詳しいプロフィールは→こちら にてどうぞ☆
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
にほんブログ村さん
ブログ内検索
Copyright © karaageshiinom.gjgd.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート