忍者ブログ
ご訪問ありがとうございます! あらゆるご縁に感謝♪ のんびりお楽しみください☆当サイトのご説明もぜひご覧ください♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 きみの居場所は、どこにある?
 ぼくがいまいるのは、こんな街。


拍手

「ねえ、きみ。
 風戸里(かざとり)高校のブレザーをきた、そこのきみ。
 男子の制服をきているのに、
 ずいぶんとかわいい顔をしているねえ。
 まるで女の子みたいだ。
 学校の帰り?
 ちょっとでいいから、
 写真のモデルになってくれないかな」

 声のしたほうへ顔をむけると、フラッシュの光が、
 吉乃(よしの)聖(ひじり)の目を、
 えんりょなくあぶってきた。

「きゃふっ!」
「いいねえ、悲鳴とおどろいた顔も、とてもかわいい。
 体つきも華奢だし、きみ、ほんとうに男の子?
 この世界には、
 かわいい少年がいるもんだなあ」
 聖の視界のさきで、レンズの大きな本格的なカメラが、
 ひっきりなしにシャッター音を
 まきちらす。
「あ、あのう……」
「おっとまって、
 『写真はにがてなので、やめてください』とかいう
 自信なさげなセリフなら、ちょっとまって」
 声のぬしが口ばやに言い、肩にかついだ大きなカバンから、
 こんどはポラロイドカメラをとりだして、
 シャッターをきる。
 カメラのしたから
 すぐにプリントされてきた写真を、
 撮影者は聖にみせた。
「ほら、写真にうつったじぶんの顔を、
 ちゃんとみてごらん!
 きみはこんなにかわいいんだよ。
 しかもオレがうつすと、さらに魅力的に撮れる。
 じゃあ、ちょっとくちびるをひらいてみてくれるかな、
 セクシーなかんじにさ」

 そうやって、一方的に感想と注文をのべているのは、
 聖のみしらぬ男性だ。
 もちものから、カメラマンという職業は、
 すぐに連想できる。
 軽そうな表情と口調からは、
 ちょっと強引そうなひと、という予想も、
 すぐにつく。
 こまったなあと、聖は眉をさげた。

 場所は、大どおりからわき道をはいった、
 路地のうら。
 高校の通学路から自宅へのちか道は、
 午後の日光があわく地面をそめるだけで、
 たすけてくれそうなひとは
 だれもない。

 聖は通学カバンをかかえ、
 おそるおそる言った。
「……もうしわけないんですけど、
 ぼくのおうちの方針で、
 写真のモデルとか、
 めだつことをしたらいけないんです。
 それじゃ、ぼくはこれで……」

 まわれ右をしようとした聖のまえに、
 カメラマンは「声もしゃべりかたもかわいい!」と、
 うれしそうにまわりこんできた。

(2)へつづきます

PR
[769]  [770]  [771]  [772]  [773]  [774]  [693]  [692]  [690]  [752]  [689
からプラPVも!!
からあげファンタジーPVその3!!
からあげファンタジーPVその2!!
からあげファンタジーPV!!
プロフィール
HN:
椎野美由貴
性別:
女性
職業:
小説家、楽しいものをたくさんつくるひと!
自己紹介:
ようこそいらっしゃいませ!^^ 小説家の椎野美由貴です。「バイトでウィザード」や「螺旋のプリンセス」などを楽しく書かせていただいております☆ 詳しいプロフィールは→こちら にてどうぞ☆
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
にほんブログ村さん
ブログ内検索
Copyright © karaageshiinom.gjgd.net All Rights Reserved. 忍者ブログ [PR]
忍者ブログテンプレート